スポンサーリンク

おでかけ 子連れおでかけ

【埼玉県_飯能市】ワンデーパスでどれだけ遊べるか検証してみた!!/ムーミンバレーパーク

2021-01-15

https://kotechama.com

ムーミン谷へ到着

ムーミン谷やご飯を食べる所、ステージのある広場などがある場所に到着しました〜!

広い敷地なので、ゆったりと見学できます。

ここの広場内にあるステージでは、時間制でムーミンのショーが行われています。

時間は、ステージ付近に看板で出ています。

ムーミン一家の魅力が沢山詰まった素敵なショーだったよ!

海のオーケストラ号・オデッセイ

ワンデーパス対象

こちらのアトラクションは、【ムーミンパパの思い出の話】の原作を元に作られている。

プロジェクションマッピングを使用していて、美しい映像と音や風を感じれる。まるでその場にいるかのような臨場感あふれる演出で小さな子供~大人まで楽しめるアトラクションになっていました。

風や音にビックリしたけど、凄い楽しかった~

ニブリングのお店【Tahmatassu kauppa(タフマタッスカウッパ)】

︎︎︎︎︎︎☑︎ワンデーパスとは別料金【1回¥500】

ゲームの詳細

チャンスは5回。ボード内にて、落とした玉が穴の中に3個入ればニョッキのぬいぐるみをプレゼント。

娘が挑戦してみたけど全部外れた…w

これ難しすぎるよ・・・(ニョッキ欲しかったのにな~…)

参加賞で、ニョッキのピンバッジを貰いました。

これはこれで可愛いからよかった!w

リトルミイのプレイスポット

ワンデーパス対象

【リトルミイのプレイスポット】は、ムーミン屋敷の隣にある黄色い建物。

リトルミイは、

ムーミン一家の養女としてムーミン屋敷に住んでいる小さな女の子。

ミイは、一見気が強そうに見えるけど、いつも正直で、勇敢で、案外親切。好奇心旺盛なので人の秘密を探るのは好きだけど、むやみに秘密を言いふらすような事はしないので結構良い子なんです!

そんなミイのアトラクションは、

まるで自分が映画の主役になったかのようなストーリー性の物語になっている。

どういう事かって⁉

上映が始まる前に司会のお姉さんに写真を撮られるんだけど、本当に撮られてるもんだからびっくり仰天!(笑)

全員の中から、5名選抜される!

すると、まさかの…我が家の次女が選抜された!(身内が選抜されるとやたら盛り上がるw)

3枚目の画像のように顔パネルが上映中に出てくるよw

ちなみに、このアトラクションでは【動画・写真】OKなので撮りまくれます♡

ヘムレンさんの遊園地

こちらは、対象年齢6歳~12歳

と看板には書かれていたけど、完全2歳くらいでしょ?と思うくらいに小さな子供達も遊んでました。なので、対象年齢関係ないのかな?と疑問にも思いました。w

木で作られた自然豊かな遊具で、子供が楽しめる場所になっていました。

吊り橋は結構高い位置にあって、冷や冷やしながら渡る姿はまるで冒険家みたいでした!

メリーゴーランドは自動ではなく、子供自身が足で漕ぐ手動式だったよ~!(体力つくね!)

灯台&オブジェ

歩き進めていくと、遠くからでも分かる存在感抜群な大きな灯台。

この隣には、ムーミンのお話が見れるテレビが置いてあります。

園内には、このように物語のワンシーンに出てきたオブジェがいたるところに置いてあります!

え?こんなところに⁉ってものもあるので要チェックです(笑)

スナフキンのテント

一番奥まで歩き進んでいくと…

ムーミンの親友のスナフキンのテントがあります!

みんなにとって憧れの存在のスナフキンは、自由をこよなく愛する旅人。

ムーミンと過ごす時間も大好きですが、ひとりの時間の大切さも知っています。

スナフキンのテントを覗いてみると、なにやら音楽が鳴りながら奥で影が動いてます!

なんだろう~?って思わず見入っちゃいます!

誕生日特典

【誕生月】だと、園内のスタッフさんに伝えると誕生日シールが貰えます。

ちなみに、長女が誕生日だったんですが次女もお楽しみシールを貰っていました。

こんなに充実しているのに、まだまだ一日は終わらないよ~!

【ムーミン屋敷&園内ランチ~閉園まで】を次の記事に書いているのでよければ続きも見てください。

ムーミンバレーパーク情報

住所 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
営業時間 10:00-17:00
駐車場

09:30-20:30

【平日:無料】【土日祝:60分/¥500・当日最大¥1,500】

スポンサーリンク

-おでかけ, 子連れおでかけ
-, ,

© 2021 Sharelog Powered by AFFINGER5