スポンサーリンク

LIFE シングルマザー

私が離婚した理由

2021-05-17

離婚して、3年経過しました。

結婚していたあの頃、まさか自分がシングルマザーになって遠い遠い、今この場所で生活しているなんて想像もしてなかった。

勿論幸せだったこともあった。

けど、辛い事も沢山あった結婚生活。

今回は、私がなぜ離婚に踏み切ったのか実体験を綴っています。
あ〜、こんな人もいるんだ……って暖かい目で読んで下されば幸いですw

モラハラ気質

まず最初は、結婚生活中には元々そんな性格だと思い全く気付かず離婚する少し前に気付いたけど元旦那モラハラ気質だった。

モラハラって、される側もした側も気付いてない事多いっていうけど本当にそうだな、と。

しかも、した側は悪意なく言ってる事が大半。だけど、された側が精神的苦痛に感じた時点でそれってモラハラになるんだよね。

実際に元旦那に言われた言動

  • 何かに挑戦しようとしても「お前にはできん」と最初から諦めの言葉をかけられる
  • かなり外面は良い人
  • 遠回しな嫌味が多い
  • 平気でウソをつく
  • プライドが高い(私より上でありたい願望)
  • 私や私の友達の事をバカにする(陰口で)
  • 私の価値観、考え方に否定的

他にもいろんな事を毎日言われるたびに、精神的に追い詰められていきどんどん自信を喪失していった。元々完全なるハッピー野郎でいつもギャーギャー笑っていて友達からは「ちゃまっていつも笑ってるね〜!何でそんなポジティブなーん!」とか言われよったくらい、明るかった自分はどこへ状態。気付けばどんどん根暗化。

モラハラの1番厄介なのは、外面が良い為周りには気付かれない事。友達や私の親の前では人が変わったかのように良い人だったから周りからは良い旦那さん!イクメン!って物凄い思われていた。実際はワンオペ育児だったし、2人になった途端俺の上に立つな!って人だった。

今更だけどプライドが凄い高い人だったんかな。ぶっちゃけ私は対等な関係性だと思っていた。けど、相手からすると私の方が優位に立っているように見えたのかな。別にどっちでもいいやん、ってなるけどな。

外面が良いが故に、尚更離婚をした時は特定の親友以外には話せず、親や友達にはぶっちゃけ離婚して半年間話せず報告が遅れてしまった。

一緒におる人や環境によってこんなにも自分が変わってしまうなんて、その当時は全く気付かなかった。徐々に精神が崩壊していた……

だけど、恵まれた事に親友が気付かせてくれて、完全崩壊する前に救ってくれた。

1番許せなかった事

ぶっちゃけ自分の事を言われるのは、嫌な気持ちになるし病むしそりゃいい気分ではないけど、全然我慢できたし流せていた。ただ…子供が絡んでくるとそれは別問題だった。

1番許せなかったのは…

  • 子供の前で私の悪口を言う
  • 人の悪口を子供に向かって言う
  • やたらママを仲間外れにしようとする
  • 教える必要のない悪いことを教える

など、子供を巻き込む行為。

これは、めちゃくちゃ喧嘩しました。

例えば、誰かを仲間外れにする行動。「子供に対してそういう事を教えて、それをお友達にしたらどう思う?」と何度も投げかけた。けど、聞く耳持たずで話にならなかった。

結局離婚して、

  • 人の悪口を言う
  • ママだけ仲間外れにしようとする
  • 手癖の悪さ

これは、子供たちの精神面も不安定だったこともあるのか元旦那の影響なのか明確なとこは分からないけど、とりあえず悪さが凄い時期があった。

教える必要のない事も沢山。例えば、手癖の悪さ・ポイ捨てなど。人としてダメな事。これは親が注意してダメだと教えてあげる方なのに逆に教えるってどういう神経?と疑問だった。

今では、「ママ大変そうだから手伝ってあげる!」「ママ疲れてるから寝てていいよ!」「ママだいすき」と、愛おしすぎる言葉が聞けるようになった。

それは、今の環境が大きく影響しているのだと思う。やはり、一緒にいる人によって自分自身もだが子供自身も多少変わるものがある。

その話は、また後日書きます。

まともに話せない事

喧嘩になるのは夫婦だからしょうがない。カップルだとしても、他人同士が一緒に生活していると絶対に嫌な部分や不満は出てくる。

その時の対応によって未来は左右される気がする。私の場合、喧嘩になる度に怒鳴られてすぐに家を出ていかれていた。けど、私も気が強い方なので怒鳴られても怒鳴り返し立ち向かっていってしまい物が飛び交ったり怒号が飛び交ったり激しい時には、手を出される喧嘩にもなったり…

こちらは冷静に話がしたいのに、毎度避けるかのように逃げようとする態度が許せなくてつい言いすぎてしまう自分も悪かったなと思う。

言いたい事は言わないと伝わらないのに何で言葉で伝えてくれないの?と何度も伝えたけどなかなか心に刺さってくれなかった。

喧嘩は、意味のある喧嘩と意味のない喧嘩があると思う。ちゃんと落ち着いて話し合いができてお互いが納得でき次へと繋がる喧嘩は意味のある喧嘩。逆に、頭ごなしに喋って結局何が言いたいのかお互いに伝わらない喧嘩は意味のない喧嘩。

まともに話ができるか、できないかで未来が大きく変わっていったんだと思います。

酒癖の悪さ

交際中からかなりの酒好きでした。私も元々お酒は強くないけど好きで若い頃はよく飲み歩いてました。けど、結婚し子供が産まれ全くといっていいほど飲まなくなりました。

元旦那は毎週のように飲みに行くし、結婚して最初は制御していたけどだんだん月日が経つにつれ飲みの数も増えていき、子供が産まれて飲み方も変わった。

元々付き合ってた時も酒癖が良い方ではないし軽く手を出された事もあった。胸ぐら掴まれた瞬間凄い大切だったネックレスを引きちぎられたり、しかもその怒った内容が理解不能な内容だし謝らんし、とりあえず酔ったら理解不能な内容でキレる事が多々あった。

次の日理由を聞いても、教えてくれないか、忘れたとはぐらされるか、内容がほぼないか。

結婚してからは、益々酒癖が余計悪くなった。ストレスだと言って、やたら酒の量が増えていた。子供を抱いている状態で殴りかかってきたり、突き飛ばされたり、子供抱っこして立ってたら雪の日地面凍ってるのに後ろから足蹴りくらったり、車3台廃車にしたり、車の天井グーパンでボコボコになったり、グーパンが私の顎に当たって口から流血したり、暴言吐かれたり、平気で飲酒運転したり……なんかいっぱいあったんです(笑)

子供への愛は、たしかに凄いあった。素面だと凄い可愛がってたしいろんな場所に連れていってくれた。けど、酒が入ると駄目だった。

協力してくれない

夫婦ってお互いに助け合って、支え合って絆だったり愛を深めていくものだと思っていた。

けど、違った。

普段からあまり協力的ではなかったし、私が言ってやっとイヤイヤ動くって感じでした。

私達は、結婚して数年目で結婚式を挙げました。大喧嘩の後に、最後のチャンスがほしいと言われ(2回目)改心してくれると信じ、このまま一緒にいるんなら結婚式を挙げたい!と伝え、結婚式を挙げることになったんです。

結婚式の準備って、物凄いやる事沢山あって念願の結婚式で完全オリジナルでやりたかった為プロフィールビデオやオープニングムービー、来客の方へのサンクスギフトやブーケなどなどほぼ自分で用意したり作成しました。席次表などの書物もWordで作成しました。

その当時、週5のフル出勤で帰ってからはまだ下の子が1歳で手がかかる育児真っ只中。上の子は赤ちゃん返り中。家事と育児と仕事で休む暇なく子供達を寝かしつけた後に、結婚式の準備を夜中までやって……って毎日していた。

そんな中、元旦那は毎日のように仕事終わると飲みに出掛けていた。

2人で協力して準備したかったし、話を持ちかけた。「2人の結婚式なんだから一緒に準備してほしい!」と頼むと、『お前が勝手にやりたいって言ったんやん。俺は元々したくなかった。勝手にやれや!』と……

あれ……私この人と結婚式挙げるんだっけ?とふと思い、辛くなった日もあった。

結婚式の準備ってもっとワクワクして、もっと幸せで……ってそんな淡い想いを抱いていた。けど、現実は全然協力してくれず全然幸せじゃない結婚式の準備になりました。

もうキャンセルも出来ない時期で、友達もせっかく来てくれるのに、こんな状況はさすがに相談できず膨大なストレスばかりが溜まっていた。その時期は、疲れからか友達からやつれてるけど大丈夫?とよく言われていた。

そして、結婚式当日。

式自体は、とても良い式になったし大切な方にお祝いしていただけて嬉しかった。

ただ、溝は深まるばかりだった。その後、過度の疲労とストレスで病気になり、最後まで分かり合えなかった為お別れしました。

そこについてもまた書き綴ろうかと思います。

ジェットコースターみたいな結婚

ぶっちゃけ、10年近く連れ添っていただけに沢山の事があったし沢山の方と関わっていた為、逆に最後何も言えずに突然去ってしまいました。なんだか今思えばジェットコースターみたいな結婚生活だった。全てを知っている人は限られた人しか未だに知らないけど、気にかけてくれる友達がいた事は何よりの救いであったのと同時に苦しくて凄い辛かった。

今では、普通に話せる事も増えてきたけど離婚して半年くらいまでは話そうとする度涙が溢れてまともに話せなかった。ぶっちゃけ今は、もう心がだいぶ落ち着いたけど2年くらいまでは深い話をしだしたら言葉が詰まってしまう事が多々あった。

時間が解決するというけれど、実際やはりまだ過去の事を思い出す事もある。ただ、離婚した事への後悔は一度もない。それくらい自分の中で大きな決断でした。今まで過去から逃げようとしていたけどちゃんと向き合おうと思い始めたのは、きっと今の環境や、大切な人に出会えたからそう思えるのかもしれない。

いろんな事があったけど私が離婚を決断した最大の理由は、【本当に助けてほしかった時に助けてくれなかった事

これが1番大きい。結婚式のこと以前にも命に関わる大きな出来事があった。けど、その時も助けてもらえなかった。1度できた溝を埋めるのはなかなか難しかった。

それぞれの価値観があって当然だと思うし、確かに、悪い事ばかりではなく良いところも沢山あった。不仲になっていった発端は、初めての育児を1人で全部完璧にやりたくて抱え込んで余裕なくなっていったこと。夫婦間のすれ違いもあり不仲になっていったんだと思う。ただもっと上手く相手に甘えられていたら相手もなにか違ったこともあったかもしれない……

長々と私の話を聞いて下さりありがとうございました。最後に、私の好きな言葉で【過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる】という言葉通り相手になにか求めるのではなく、自分自身を見つめ直して、明るい未来を切り開けれたらいいなと思っています。

スポンサーリンク

-LIFE, シングルマザー

© 2021 Sharelog Powered by AFFINGER5